ボルダリング好きエンジニアの雑記帳

クライミング、ボルダリング、モノづくりについて情報が少ないなーと思った事を書いていきます。

ボルダリング初心者が、ムーブを覚える前に最初に知っておくべき基本【クライミング ムーブ】

ジムに初めてきた人が、スタッフさんや一緒に来た人に教わりながらトライしている時、ムーブや使うホールドを教えてもらったりして登ってます。

教え慣れてる人もいますが、上手い人達はなんだかんだで初心者の悩みを忘れてたりします。

私が始めた時に、最初に教えておいてほしかった事を書きます。

 

 

足と手の順番

はしごを登るようにと教えられますが、一番簡単な課題を除いて、そんなに上手くいかないケースが多いはずです。

動かす順番は、間違えずにスムーズに行っても足、足、手、足、足、手の順番が多くなります。

時には、足、足、足、足、・・・手、のように良い位置まで足を動かしまくってから片手を出します。

特に足自由課題では、はじめのうちは正解の足位置に一度で置ける事がまれです。足を何度か動かして体勢を作り、体勢ができるまで手を出さず、取る体勢ができたら手を出すのが基本です。

 

 

戻るのもあり

一旦ホールドを取ってしまったものの、そこから動けなくなる事もあります。

その場合は、一旦落ち着いて、前の体勢まで戻るのもOKです。

大抵は手を出す前の体勢作りに失敗しているので、足から見直してみましょう。

 

一旦降りるのも大事

腕に全力で力を入れた状態で、数秒経つと腕がパンプします。

慣れてくるとこれはダメなやつだと言うのが分かるので、引き際も分かってきますが、最初は分かりにくいと思います。

力を入れっぱなしにすると、その後続けられなくなりますので、その後の動きにつながらなそうだったらさっさと降りて次の作戦を考えるのも良いでしょう。

 

スタートは片足を外しても良い

足も限定の課題に手を出し始めると、必ず両足をホールドにおいてスタートしようとする人がいますが、始めのうちの課題ではまず間違いなく両足をホールドにおいてスタートしなくちゃダメという決まりはありません。(コンペ課題とかではたまに足位置が決まってたりしますが)

 

身長の高い人が狭そうにスタートしていたり、両足をのせると変な体勢になったりすることがあります。

片足をあえてホールドから外してスタートすると、できる場合も出てきます。

 

強傾斜で何もできない時

強傾斜で、プラーンとなって、足も上手く引っかからなくて、何もできずに落ちるという人もいます。腕力のある男性は、懸垂するみたいにパワーで登ってたりします。

 

慣れてる人には当たり前すぎて、アドバイスし忘れる気がするんですが、

強傾斜も足で体重を支えるのが基本です。

 

当然、強傾斜の方が、腕にかかる負担は増えますが、足、お尻、背中、腹筋もふん張って、足で踏んで体を支えないと、腕に体重がもろにかかります。

側対は体を足と体幹を使って、足に上手く体重を乗せながら体を持ち上げる工夫ですし、勢いをつけて手を出す場合も足を起点にして体全体を使って体を持ち上げます。

 

まとめ

 

私は要領が悪いので、上のような事を理解するまで、悪戦苦闘してた記憶があります。体で覚えるのも良いですが、少し意識しておくとすんなり入れるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ジュニア・キッズ向け、小さいサイズの大人用クライミングシューズ情報【クライミング ボルダリング】

最近は、キッズ向けのクライミングシューズの種類も増え、作りが本格的な物も増えてきました。あちこち紹介されています。

しかし、小学校高学年にもなってくると、上達して大人を軽々と超えるムーブを繰り出す子もいて、大人と子供の中間が一番悩ましいところだと思います。

少しでも小さなサイズがある、大人向けの本格的なモデルを紹介します。おおよそ19cm〜20cm程度から使えるシューズがちらほら出てくるようです。

 

また、大人向けシューズの小さなサイズは、ラインナップにあっても代理店が輸入していないケース、日本に在庫が無いケースが良くあるので、試しに履く時は店舗に事前連絡は必須です。ご注意ください。

 

 

スポルティバ(La Sportiva)の大人向け最小サイズ

最小サイズでEU32からになります。

子供のサイズ感は難しいところですが、19〜20cm前後から使えるシューズが出てくるようです。

ジーニアスとオクシジムを除くと、女性向けモデルや旧モデルが並びます。

ソリューション、フューチュラ、ミウラなどは、新モデルで小さいサイズがラインナップから消えていますので、旧モデルがあるうちに試し履きしたほうが良さそうです。

 

EU32からあるシューズ

  • ジーニアス
  • フューチュラ 旧モデル
  • ソリューション ウーマン 旧モデル
  • オタキ ウーマン
  • ミウラ ウーマン 旧モデル
  • コブラ 旧モデル
  • オクシジム

 

ファイブテン(Five Ten)の大人向け最小サイズ

ファイブテンの最小サイズはUSW4からで、19.5〜20.5cm前後からになります。アメリカの場合、女性向けサイズは男性向けと違うので注意が必要です。

アメリカ本国では、男性向けサイズUS2(19〜20cm程度)からサイズがあるシューズも存在するのですが、代理店は日本に取り寄せていないようです。個々のショップが輸入した物をつかむしか方法がないようです。

ファイブテンの在庫は整理中ですし、ただでさえ品薄のサイズなので、こちらも入手するなら急いだ方が良さそうですね。

 

USW4からあるシューズ

  • ハイアングル WMS
  • ローグVCS WMS
  • アナサジ LV

 

US2からあるシューズ(アメリカ本国)

  • アナサジVCS
  • アナサジレースアップ
  • アナサジプロ 
  • TEAM 5.10 

 

スカルパ(Scarpa)の大人向け最小サイズ

スカルパの場合は、EU34からで、おおよそ20〜21cm程度からになります。スポルティバのほうが、EUサイズで1〜1.5程度スカルパよりも大きめにシューズができているので、ちょっとcmに直したときの感触が違います。

Scarpaの場合は、マエストロやブースティックなどの一部を除き、多くのシューズが34からラインナップされています。

 

イボルブ(Evolv)の大人向け最小サイズ

基本的に、女性向けのUSW4~5程度からラインナップがそろっています。

が、しかし、イボルブにはあの白石阿島選手が使用していたASHIMAがあります!

大人向けかどうかは別として、本格的なレースアップシューズですね。

 

ASHIMA (USW3〜おおよそ18.5〜19.5cmから)

 

マッドロック(MadRock)の大人向け最小サイズ

女性向けのUSW3(おおよそ18.5〜19.5cmから)ラインナップされています。男性向けもUS3(20cm〜21cm程度)からそろっています。

 

USW3からあるシューズ

 

 

なかなか悩ましいところですが、この辺のシューズで入手できそうな物に片っ端から当たるしかなさそうですね。

子供向けでも本格的なシューズが出てきていますし、そのうち、そちらも加えて書き直したいと思います。

 

クライミングでやせる人、やせない人【ボルダリング トレーニング ダイエット】

ジムで雑談していると、ボルダリング始めたばかりの人と、続ければ痩せるかどうかという話になったりします。

私自身は、運動から遠ざかってた時期から考えると半年で5kgほど痩せたのですが、周りにはいろんな人がいて、何となく傾向が見えてきたので書いてみます。

 

 

運動を全然してこなかった人は痩せる余地あり

運動を継続的に行ってきた人は、そもそも極端に太ることは珍しいです。元々代謝も良いので、劇的な効果は見込めないと思います。クライミング以外ではあまり使わない筋肉がつき始めると、じわじわ体脂肪が落ちる人はいます。

逆に、全然運動していない人は、クライミングに限りませんが痩せるのが目に見えやすいです。

 

ある程度の頻度で継続するのは大事

ライミングで痩せたなーと思う人は、週2〜3回で数ヶ月は継続して通っている人が多いようです。

新陳代謝が上がった状態が保たれて、筋肉もついて、となるとやはりその程度の頻度が必要になるのかもしれません。

しかし、ハマった人は、ちょっとはレスト日を作ったほうがいいんじゃない?と思うくらいにジムに通い詰めたりするので、苦にならない場合も多そうです。

 

ある程度負荷の高い登り方が必要

上達してくると、簡単な課題は効率よく登れるようになって、ほとんど苦になりません。

簡単な課題だけではあまり痩せないでしょう。

自分の能力の限界を押し上げるような課題だったり、リードや長物課題など疲れを感じる程度長く壁に張り付く課題もメニューに入れてあげると、効果が出やすいと思います。

まあ、ハマってしまえば上達したくて難しい課題も触りたくなるものですよね。

 

ライミングは他のスポーツで挫折した人にこそおすすめ

ランニング、水泳、サッカー、テニス、激しいスポーツを挙げればキリがありません。継続すればクライミングよりも痩せるスポーツもいくつもあると思います。

しかし、他のスポーツが続かなかったけど、クライミングは続いていると言う人には良く会いますし、私自身もそんな感じです。

また、筋肉の量も増えますので、健康的に痩せられるかなーと思います。

ゲームとかパズルの要素があって、他のスポーツで挫折した人でも無理無く続けやすく、一人で没頭するのが好きな人にも向いている事を考えると、クライミングのダイエット効果は馬鹿にならないかなと感じました。

ホールドが保持できない時に、チェックすべき事【クライミング ボルダリング 保持力】

無理、持てないというとき、保持力の無さを理由にしたくなる事がありますが、多分その前にチェックしなきゃいけない事が結構たくさんあると思います。

実践している事を書きます。

 

 

まず考える事

足はちゃんと踏めてる?

ほとんどの課題は、踏めなければ登れません。傾斜が緩い方がより顕著です。

体重を乗せるべき足にちゃんと体重を乗せられているか、もう一度見直してみて、指にかかる負荷を減らせないか考え直すといいことがあるかも知れません。アウトサイドで踏むか、インサイドで踏むかも検討の余地ありです。

強傾斜などでは、ヒールフックやトゥフックで下半身の荷重を足に負担させることもこれに含まれると思います。

ホールドを保持するために、足順を見直すのも大事です。時には一つのホールドのために足を行ったり来たりさせて一番踏める体勢を探す事も必要になったりします。

足が無い時には、スメアできる場所を探してみるのも良いですね。

 

ムーブ違うんじゃない?

正対じゃなくてキョンで体を固めた方が良いとか、動的ムーブじゃなければ悪いホールドをさばけないとか、取りに行く手と同じ側の足をフックで固定しなきゃできないとか、ケースは様々です。

また、マッチできない時は、マッチしないですむムーブを探して手数を減らすのも重要です。

強い人が登ってるムーブは、持てる事が前提のムーブになっている事もありますし、自分の保持力に見合ったムーブが無いか思いつくパターンを色々試すと良いかもしれません。

 

 

ホールド研究

持つ場所と持ち方は合ってる?

大きいボテとか、スローパーとか、大きく見えてよく持てる場所がほんの少ししか無い罠みたいなホールドもあります。

良いところを持ってても、ムーブと合致していないとダメと言うケースもあります。

ポケットなどは、人差し指と中指で持つ場合と中指と薬指で持つ場合とで、力の入り方が違います。腕のねじれる方向が変わるためです。使う指を変えてみると良いケースもあります。

まず、そのホールドの持ち方を研究するのが第一ですね。

 

ホールドに荷重をかける方向を微調整できてる?

良い場所を持っていても、持ち方があっていても、荷重をかける方向がずれるととたんに持てなくなるホールドがあります。

肘の位置、手首の返し方、腰の位置など、ホールドに荷重をかける方向に影響がある項目をチェックします。

上下左右だけではなく、前後の方向も効きます。壁に腕をぴったり沿わせるようにしてみるなど、色々試しましょう。

 

 

ホールドの課題の中での役割

そのホールド、完全に保持しないとだめ?

飛ばしの中継ホールドだったり、体勢を整えるための補助的なホールドは、完全に保持して体を引き上げるのに使わなくても良いケースがあります。

デッドの飛び出し用ホールドも、完全に保持する必要はないケースがあります。

保持しきれなくても登れないか一度見直してみしょう。

 

徐々に効くホールド、徐々に効かなくなるホールドではないか?

アンダーなど、体の位置を動かすと保持のしやすさが大きく変わるホールドもあります。

効くようになるまで体を我慢して持っていかなければいけないホールドなどは、最初は持てない場合もあります。 逆に、効かなくなる前で次のムーブに移行しないといけない場合もあります。

動きの中での持ちやすさの変化をチェックして、何ではがれるのかチェックしてみましょう。

 

実は一個前のホールドが原因かも?

前のところで書いた、徐々に効かなくなるホールドがある場合や、無理な体勢の場合に起こりやすいのですが、前のホールドの処理が悪くて次のホールドが取れない事もあります。

よく見落とすのですが、保持に失敗する原因が実は手前にある場合は自分で気が付きにくいです。

人に見てもらったり、動画を撮ったりして、ムーブのチェックと一緒に確認すると効果的です。

 

そもそも全然持てない。色々やってもすぐ剥がされる…

 思いつく事を全部試して、理想的な体勢で持ってみて、それでも持てないときは保持できてないせいという事になりそうです。

Beastmakerやロックリングスでの保持力強化のトレーニングも効果がありますが、保持したいそのホールドを持つ練習を繰り返すと、そのうち持てるようになったりします。

筋力の強化+持ち慣れる事、両方大事だと思います。

 

 

METOLIUS(メトリウス) ロックリングス3D グリーン/グリーンスウィル
 

 

 

Metoliuse(メトリウス) シミュレーター 3D ブルー:ブルースウィル

Metoliuse(メトリウス) シミュレーター 3D ブルー:ブルースウィル

 

 

 

Beastmaker(ビーストメーカー) 1000シリーズフィンガーボード

Beastmaker(ビーストメーカー) 1000シリーズフィンガーボード

 

 

アンパラレル(Unparallel)クライミングシューズ新作情報【クライミング ボルダリング】

ファイブ・テンの製造元が、新たなブランドでシューズを作り始める予定という噂はたっていましたが、サイトが立ち上がりましたね。

ファイブ・テンユーザーだった人は、乗り換えを検討する人も出ているようです。

 

アディダスに買収されたファイブテンの新しいシューズよりは、昔のファイブテンらしさが見えますね。

ロクスノの81にレビューが出てました。そっちのほうが参考になります。

 

ROCK & SNOW 081 (別冊山と溪谷)

ROCK & SNOW 081 (別冊山と溪谷)

 

 

 

 

メーカー・代理店サイト

アンパラレル(Unparallel)の公式サイト(英語)
www.unparallelsports.com

 

キャラバン(Caravan)のサイト(日本語)

キャラバンからも、Unparallelからも、キャラバンが日本の代理店であることが発表されました。

https://www.caravan-web.com/brand/unparallel/

 

種類とファイブテンのモデルの比較

キャラバンの情報が詳しくて正確ですが、比較しずらいのでちょっとメモしておきます。

見た目とラバーなどからしかわかりませんが、似ているモデルを推測しました。

 

  • Engage VCS・・・硬めのRHソール。アッパーはレザーで履きやすい。ローグVCS

 

  • Up Mocc・・・硬めのRHソール。アッパーはレザー、トゥラバーあり。作りは柔らかいスリッパ。モカシムに似てる?

 

  • Up Lace・・・硬めのRHソール。アッパーは内貼りありのシンセティック。クラシカルな構造。アナサジレース?

 

  • Up Rise VCS・・・硬めのRHソール。アッパーは内貼りありのシンセティック。トゥラバーのついた2本締めベルクロ。アナサジ、アナサジプロ?

 

  • Up Rise Zero・・・硬めのRHソール。アッパーはレザー。ストリング1本締めのセパレートシューズなので似ているものは無い?

 

  • Regulus・・・硬めのRHソール。アッパーは内貼り無しのシンセティック。ハイアングルシンセティックに似ているけど、細かい構造は違いそう。

 

  • Sirius・・・Hfに近い柔らかめのRSソール3.5㎜。アッパーは内貼りありのシンセティック。ダウントゥしてるレースアップ。ドラゴン?

 

  • Vega・・・Hfに近い柔らかめのRSソール3.5㎜。アッパーは内貼りありのシンセティック。トゥペイントあり。Jet7?

 

  • Leopard・・・一番柔らかいVDソール2.0mm!!。セパレート。ベルクロ形状は違うけれどteam Vxiに似てる?

 

ここから下はキャラバンのHPに無いので、日本で一般向けに販売されるか不明。

  • Hold Up VCS・・・ランド部分がモールドで作られている。一本ベルクロ。
  • Hold Up Slipper・・・ランド部分がモールドで作られている。スリッパ。
  • Up Grade Engage・・・ランド部分がモールドで作られていて、トゥラバーがある模様。二本ベルクロ。
  • Up Grade Mocc・・・変な模様が入ったスリッパ。モカシムに似ている?

 

 

ソールラバーの種類と仕様

以下のところで公開されてます。

https://www.unparallelsports.com/wp-content/uploads/unpallarell-rubber-physical-properties.pdf

 

ShoreA硬度が書いてあるので、硬い順に並べると以下の通りです。

CALENDER ROLLとかSHEETと書いてあるのが、シート状のソール向け材料のようです。

DIN abrasionもあります。硬い方が摩耗しにくい傾向です。

 

  • UP RH ・・・76-80 Stealth C4と同等で硬め。基本4.2mmで、LVは3.5mm。Upシリーズとレグルス。
  • UP RS・・・65-70 Stealth Hfに近そうで柔らかめ。3.5mm。シリウスとベガ。
  • UP VD・・・45-50 Stealth Mi6と同等かより柔らかい?Mi6のデータがばらついてて詳細不明Leopardは厚さ2.0mm!一番柔らかいソール。

 

以下の二つはプレス用としか書かれておらず、つま先部分のソールのシートに使われるかどうかはよくわかりません。

 

  • UP VS・・・67-71 
  • UP VC・・・58-65 

多分、3種類あるのは確定のようで、残りの2種類は他の用途か、モールドなどの用途に使われるのかもしれません。

 

UnParallel・So ill・Five Tenの関係

Unparallelは、Five TenのOEM先と噂では聞いていたのですが、公式な情報からはよくわかりませんでした。業界の人間でもないですし。

Unparallelのブランドがどの会社のものなのか、別会社なのかは知りませんが、Action Sports Equipmentという会社が深くかかわっているようです。

わかっている情報を並べておきます。

  • 2011年 Five Tenがアディダスに買収される。
  • 2012年 Action Sports Equipment設立。クライミングシューズの特許をLee氏が出し始める。
  • 2013年~2014年 Team Vxiの発売が延期されるなどごたごたする。
  • 2015年 UnParallel Rubberの商標登録がとられる。名義はAction Sports EquipmentのSang Lee氏。
  • 2016年 So illがクライミングシューズのクラウドファンディング開始。
  • 2017年 So illがクライミングシューズ発売、Action Sports Equipmentとシューズの製造、ラバーの供給についてパートナーシップを結んだことを発表。So illのホームページにて、Action Sports Equipmentがファイブテンなどの会社とかかわりがあることが書かれる。ダークマターソールも、UnParallel Rubberファミリーの一つであることが公表される。
  • 2018年 UnParallelのホームページが立ち上がる。Action Sports Equipmentと同じ住所。ソールは2015年にLee氏によって商標登録がとられたUnParallel Ruber。

 

出典

UnParallel Rubberの商標登録

UNPARALLEL RUBBER Trademark of Lee, Sang Jeong - Registration Number 5023331 - Serial Number 86510766 :: Justia Trademarks

 

So illとAction Sports Equipmentのパートナーシップに関する発表

Press Release - Shoes - So iLL

 

Action Sports Equipmentの設立年、所在地、オーナーの情報

https://www.manta.com/c/mhhm4rw/action-sports-equipment

 

 

そういえば、ちょっと前からファイブテンの在庫処分セールで、あちこちで安くなってますね。

 

 

5.10 アナサジ Pro

5.10 アナサジ Pro

 

 

FIVE TEN(ファイブテン) アナサジPro男性用 1400860 8

FIVE TEN(ファイブテン) アナサジPro男性用 1400860 8

 

 

 

pump.ocnk.net

【ボルダリング クライミングシューズ】スポルティバのP3システムの原理と効果を特許から解説する

スポルティバのクライミングシューズに採用されているP3システム。剛性が高まるとか、型くずれしにくいと言われますが、実際にどういう原理で、メリット、デメリットはどうなっているのか詳しい情報が少ないです。

元になった特許と、シューズの分解結果から真面目に解説してみます。

 

公式ページ

www.sportivajapan.com

 

情報が少ないです。トゥとアーチの形状を維持し、性能を維持するととのことです。

 図はありますが、具体的にどのような技術なのかは書いてありません。

 

特許の解説

元となる特許は、恐らく以下の物です。

EP0933033A2

https://patents.google.com/patent/EP0933033A2/ar

 

概要の要点

https://patentimages.storage.googleapis.com/EP0933033A2/00090001.png

 

重要そうなポイントは、以下です。

・ミッドソール(6)が、1つのラバーでヒールまで伸びて(6b)、ぐるっと回って自分自身にくっついている(6c)。

・アッパーの縫い目(シーム)(3)を、ラバーで覆う。

 

請求項の要点

 請求項には、細かい内容や付随する技術について書かれています。

・ソールはセパレートでなく、かかとまで伸びていても良い。

・ソールのゴムはアッパーまで伸びていても良い

・ソールのゴムは横まで回り込んでいても良い

 

なんと、ノーエッジの構想がこのときに書かれています。

 

 

いろいろ推測できること

特許の図がスリッパになっています。

部材の少ないシューズでもフィット感を高めることが意図されているようです。

かかとからの力を、アッパー側まで効率良く伝えられるため、ノーエッジとの相性は良さそうです。

もしかすると、スピードスターがこの構想の一つの到達点なのではないでしょうか。

 

P3システムだから型崩れしにくいというのは、若干怪しいと思いました。型崩れを防ぐ工夫は、縫い目の位置を工夫したり、アッパーを人工皮革にしたり、ラバーを貼ったり、シャンクの取り付けを工夫していることも効いているはずです。

程よい柔軟性を持たせるために余計な部材を減らし、柔軟性と頑丈さ、足のサポートのバランスをとるための工夫の一つなのでしょうか。

 

あと、P3システム採用シューズは、ヒールのゴムが薄くて幅広なので、個人差のあるかかとの形にフィットしやすいようです。

 

ゴムの部材も、ソールと違う素材で、靴の構造を作るのに適したものを選んでいるように見えます。フリクションはいらない箇所なのでこのへんはセンスが良いですね。

 

 

メリットとデメリット

メリット

P3システムのヒールループゴムが、かかとにかかる体重を、土踏まずを通してつま先にしっかり伝えてくれます。

型くずれの原因となる、部材の継ぎ目が少なくなり、アッパーの縫い目も自然に隠せるので、耐久性が上がります。

靴の形を作る、P3システムのゴムと、ソールの素材を変える事ができて、シューズを設計し易くなっています。

かかとのゴム部材の張り合わせが少ないので、足を動かしたい時に程よく伸びるとも書いてあります。

 

デメリット

P3システムのヒールループゴム(スリングショット)が、つま先まで伸びています。このゴムの分足裏は厚くなるので、つま先と足裏の感覚は鈍くなりやすいはずです。

パイソンでは、足裏感覚を重視して採用を見送っていますし。また、マーベリック、フューチュラなどの、足裏感覚を重視するモデルは、その分ソールが薄くなっています。

足裏の感覚を重視する場合、ソールが薄い分穴は空きやすいと予想されます。

 

 

結論

特許なので、本当に効果があるかどうかは判断できませんが、スポルティバの技術者が何を考えているのか少し分かりました。

靴の剛性、適度な柔軟性、足の拘束、トゥからヒールへの荷重伝達のバランスを、うまくとるための答えの一つなのでしょう。

 

結局、履いてみてどうかが大事ですが、少しスッキリしました。

 

マーベリックを分解して、構造を確認しています。特許の内容とほぼ同じ形でスリングショットのゴムが足裏を覆っていました。

 

sphendon.hatenablog.jp

 

 

登山やアプローチ、アウトドアには傘も持っていくと便利【登山 クライミング】

トレッキングでは、余計なものを持たないとか、両手が空いていないといけないとかで、レインウエアが基本ですよね。

でも、私はここ数年傘を愛用してます。蒸れないし、楽だし、行動中以外もちょっと使いに良い。

登山のスタイルも、難易度の高い山のピークを攻めるだけじゃ無くなっているし、状況に応じてレインウエアと併用できるでしょう。

みんな使わないのかなーと思ってたら、最近は使う人も増えてるそうですね。

 

おすすめ傘は以下のものです。

強風の時は使わないし、軽くてシンプルに持ちやすいものが良いですね。