ボルダリング好きエンジニアの雑記帳

クライミング、ボルダリング、モノづくりについて情報が少ないなーと思った事を書いていきます。

ファイブ・テン(アディダス) 2019 新作アレオン(Aleon)情報【クライミングシューズ ボルダリング】

ファイブテンの2019年新作は、全く新しいシューズになりそうです。

ファイブテンがアディダスに買収されて、アディダスの技術も投入され始めたようです。

生産地は中国という噂があり(真偽不明)、もとのファイブテンの工場は、アンパラレルのシューズを製造するようですし、製造者が変わるのは決まりのようですね。

 

f:id:sphendon:20180729115607j:plain

 

 

 

リリースが近いAleonは、Fred Nicoleのような控えめな見た目を持ちながら、最も困難で最急なルートとボルダーの問題を解決するために必要なクオリティを提供します。

Five TenとNicoleはマイクロファイバーアッパーをストレッチに抵抗するように設計しました。 ”プライムニット”は靴を軽量に保つのを助けながら、エンクロージャを構成し、足首を快適に保ちます(男性サイズ9の靴1本につき7.5オンスと広告してます)。

積極的に形作られたラストとミッドソールは、大きなオーバーハングの小さなホールドをトーイングするときに精度とパワーを高めるためにわずかな減速を目指しています。 実証済みのステルスC4によって、最も要求の厳しいプロジェクトで効果的な武器になるようなシューズに仕上がっています。

 

https://gearjunkie.com/five-ten-aleon-bouldering-shoe-fred-nicole

 

 

www.youtube.com

 

緩めのダウントゥと、極端ではないターンインで、形はハイアングルにも近いように見えます。

4方向に伸びる黒いニットで、アッパーからくるぶし近くを包むとのことで、これはアディダスの素材を使用していると言っています。

ソールはハイアングルなどと同じStealth C4で、ファイブテンの中では硬めのソールです。

ソールはセパレートのようで、前半分が分離していますが、後ろ半分のソールと直接接着されているので剛性は確保されそうです。

 

スリングショットに特徴があり、ヒールのラバーに切り込みを入れて、一枚で作っていたファイブテンでは珍しく、スリングショットが独立したラバーになっています。スポルティバやスカルパなど、他社の流行りの形に近い形で、ヒールのフィット感が良さそうに見えます。

 

スリングショットは、土踏まず付近できれこみがはいり、2本に分かれています。クアンタムVCSで使用されていた構造です。踵を固定する目的と、土踏まずをサポートしてつま先まで力を伝える目的を両立させるには良さそうですが、出来栄えはまだわかりませんね。

 

また、試験場、材料に加えて、品質保証でもアディダスに買収された恩恵を受けているとあります。シューズの形状の管理にやや難があった、ファイブテンのシューズですが、品質が安定するようになったらさらに魅力的です。